2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PSP P3P

P3P 

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ペルソナ4生活、ボイド後の料理対決(前編) | トップページ | ペルソナ4生活、文化祭編に突入 »

ペルソナ4生活、ボイド後の料理対決(後編)

■ 主催会場 堂島宅に到着 ■

台所ではオムライスを作るためにみんなが調理している。

くまと奈々子はちゃぶ台で話し込んでる。
クマ「ほんとだ・・・〝ウチアゲ〝すると、実感するや・・・」
クマ「事件、ついに終わったんだ・・・」
クマ「・・・」
クマは何かを気にしている様子だ。
奈々子は察したのか話題を変える。
奈々子「ねーねー、すごいよね!ホンモノのりせちゃんだよ!?」
クマ「クマ・・・そろそろ〝あっち〝に帰らないといけないな・・・」
奈々子は不思議そうにクマに質問してる。
奈々子「どこかに、帰っちゃうの?」
クマ「うん・・・もう約束が済んだからね」
奈々子「ふうん・・・やくそくかぁ」
奈々子「じゃあ、奈々子とやくそくしたら、帰らなくていいの?」
クマ「ナナチャンと・・・約束?」
奈々子「んっと・・・あそんでもらうやくそく。だめ?」
クマ「クマは・・・センセイたちに、約束を果たしてもらったよね・・・」
クマ「だから、もうアッチに帰らなきゃ・・・」
気にするな。
クマ「で、でも・・・約束は約束だし・・・破ったら、よくないし・・・」
クマが居なくなると寂しい・・・
クマ「セ・・・センセイ・・・」
クマ「ナナチャンと約束。遊ぶ約束、確かにした・・・」
クマ「クマ、帰らなくて、ほんとにいいのかな・・・?」
クマ「クマの方からじゃなくて、ナナチャンの方から、約束・・・」
クマ「とっても・・・とってもうれしい・・・」
クマ「ありがとう・・・!!」
>クマは目をうるませている・・・

陽介がクマの方へ
クマ「ヨースケ・・・クマ、新しい約束ができたから・・・」
クマ「も、もすこし、ジュネスでお世話になりたい!お願いできますか、お代官!」
クマは陽介をジッと見ている。
陽介「はぁ?バッカだな、当たり前だろ?」
陽介「勝手に職場放棄すんな。大体、お前が居なくなったら・・・」

台所からりせの声が。
りせ「でーきたーっ!は~い、ジャマジャマ、先輩!」
料理を持って来たりせが陽介にお構いなしに歩いてきた。
陽介「ぬわっ、いてッ!!」

千枝 雪子 主人公のオムライスも完成した。
ちゃぶ台に並ぶオムライス(?)軍団・・・

【 奈々子杯争奪 激ウマ オムライス対決 夏の陣 】 

まず、1人目の料理人 りせ が登場!!

奈々子の前に 自称 激ウマ オムライス りせ スペシャルバージョンが登場!!

奈々子「・・・。」
りせ「どうぞ、召し上がれ!」
奈々子「・・・・。」
陽介「ま、まー待て・・」 良いタイミングで陽介から提案が!!
陽介「いきなり奈々子ちゃんに食べてもらうってのは、その・・・いかがなもんかな」
陽介はちゃぶ台を囲んでいる面子を見渡す・・・

千枝「こ、こっち見んな!!」

完二「あー、毒見役ってことスか」
りせ「毒見って、ひっどぉーい!」
りせ「じゃ私のは、まず花村先輩、食べてみて。絶対おいしいんだから!」
陽介「オレが一番でいいのか?いや実はナニゲに期待してんだよ」
陽介「そうじゃなくたって、〝りせちー〝手作りの料理食べるとか、普通絶対ない体験だろ」
力強く握ったスプーンにはあのアイドル〝りせちー〝が作った手作りのオムライスが!!!
陽介「じゃ、いただきまーす」
パクリ・・・
・・・・・。

陽介「う゛っ・・・・」

どことなく声が震えている・・・
陽介「こ゛・・・こ゛れは・・・奈々子ちゃんには・・・やれないな・・・」

なぜか陽介からは大量の汗が吹き出て来ている・・・。

りせ「やっだ、美味しくて独り占め宣言!?」

・・・・。
とりあえず、食べてみるか・・・

主人公「う゛っ・・・」

・・・か゛、辛゛い!!
辛さと熱さで溶岩のようだ・・・!
フォ、フォアグラらしい食感などまったく見当たらない・・・
こ、これは・・・・
・・・・だんだん鉄のような味がしてきた・・・何故だろう・・・口の中で鈍痛がする・・・
これは、奈々子にはあげられない・・・
主人公と陽介は凹んだ・・・
第2の刺客が登場か・・・雪子姫 登場!!
雪子「じゃあ、次、私のね」
陽介と主人公は戦意喪失に・・・
陽介「後はたのんだ・・・ぞ・・・」
雪子のオムライスの毒見(味見)は完二に任せることに。
完二「味見は、んじゃ、オレっスね」
いきなり完二はオムライス(?)をほおばる・・・
陽介「お、おい、そんな無防備に・・・」
完二・・・????
完二・・・・・・???????
もうひと口・・・

完二「・・・・・」

・・・・・。
無言で食べ続ける完二・・・
雪子????
雪子「ちょ、ちょっと、何か言ってよ」
完二が不思議そうにオムライスを語る。
完二「いや・・・その・・・なんつんだ・・・?」
完二「〝不毛な味〝っていうか・・・」

雪子「不毛!?」


雪子「〝不毛〝って、味に使わないでしょ!?」
雪子「おいしいの!?どうなの!?」
勇気を振り絞って、ひと口食べてみよう・・・
雪子のオムライス(?)・・・完二 曰く〝不毛な味〝って・・・一体なんなんだう・・・
雪子のオムライスをパクリ・・・
・・・・。
危険物ではないようだ・・・
特別な味は、何も感じない・・・???
いや・・・味を全く感じない!素材の味さえも無い・・・
どうなっているのだろうか・・・?
完二「おいしくはないっスね・・・なんかこう、〝おふ〝を生でかじったみていな・・・」
完二「こんだけ色々入ってて、全く味がしねえって、ある意味、才能じゃねえスか?」
雪子「せ、繊細な味が分からないだけよ!」
凹む完二と主人公・・・
奈々子が雪子のオムライスを食べてみる。
奈々子「・・・おいしいよ?」
雪子「な、奈々子ちゃん・・・!」

第3の刺客 登場!! というか ボス登場!! 千枝のオムライス??

千枝「じゃ、じゃあ、次はあたしので」
千枝「うー・・・緊張するなー・・・けど、絶対、うまいと思う!今度こそ!」
主人公と陽介は静かに見守っている・・・。
千枝のオムライスの毒見(味見)はクマがするらしい。
ある意味 怖いもの知らず・・・。
クマ「クマがいただきますー」
クマがパクパクと勢い良く食べている・・・
千枝「ど・・・どう?」

クマ「うん、まずい」

全員「・・・・。」
クマ「ヨースケたちも食べるクマよ、ほれ」
陽介「自分で〝まずい〝つっといて、お前・・・」
陽介が千枝のオムライスを食べてみる。
陽介「あー・・・なるほど・・・」
陽介も生きている様なので主人公もひと口食べてみる事に・・・
・・・・・。
・・・普通にまずい。
陽介「や、ほら・・・でもさ、前のカレーに比べたら格段の進歩じゃん?」
千枝「ふ、普通にまずいってのが、一番キツイから・・・しかも、慰められた・・・」
奈々子が千枝のオムライスをひと口食べた。
奈々子「これも、おいしいよ」
千枝「・・・奈々子ちゃん!」
雪子が千枝のオムライスを食べてみる。
雪子「あー、ほんとだ・・・」

雪子「ほんとだ ほんとだ、普通にマズイ、これ!あははははは!」


雪子はまた笑いのツボに入ったらしい・・・

千枝「・・・・・。」
千枝「じゃあ、りせちゃんの食べてみなよ!絶対あたしのが美味しんだから!」
雪子がりせのオムライスに手を伸ばした・・・
パクリ・・・
雪子の様子が変だ・・・

雪子「う゛・・・う゛ぼっ・・・」

雪子が倒れこんだ・・・
りせ「せ、先輩!?」
完二「一撃だ・・・」
陽介「ま・・・天城や里中のもウマくはなかったけどさ・・・ブッ倒れはしないかな・・・ハハ・・・」
りせ「こっ・・・子どもにはわからない味なんだもん!大人の味なんだもん!」
りせ「先輩たちが、お子様なんだもん・・・私、私・・・」
りせが涙を浮かべて泣き出した・・・
ううぅ・・・ひっく・・・うわぁぁん・・・
奈々子がりせのオムライスを食べた!!!
奈々子「ん・・・!」
奈々子「からいけど、おいしいよ」
りせ「奈々子ちゃん・・・!」
りせ「ねー、そうだよね!奈々子ちゃんが一番オトナ!」
千枝「うっわ、嘘泣きキタ!」
完二「そう言や、先輩も作ってたっスよね?」
奈々子が主人公の作ったオムライスを食べる。
奈々子「お兄ちゃんの!いただっきまーす」
奈々子「うん、おいしいよ!」
なかなかの出来だったようだ。美味しそうに食べてくれている。
奈々子は、全部食べてくれた。

食事も終わりみんなでちゃぶ台を囲む。
千枝「奈々子ちゃん、お腹いっぱいになった?」
奈々子はうなづいている。
陽介「俺らは減ってるけどな・・・」
千枝「なら食べる?台所に残ってるよ、〝普通にマズい〝のが!!」
陽介「と、ところでさ、提案があるんだけど」
陽介「今度、お祭りあるだろ、商店街のさ。あれ、みんなで行かないか?」
りせ「あ、さんせい!」
クマ「むほー!ひょっとして浴衣クマか!?」
奈々子「おまつり・・・」
陽介「奈々子ちゃんも一緒にさ」
奈々子「いっしょに、いーの?」
もちろんだ
奈々子「ほんと!?わーい!!」
陽介「決まりだな」
完二「出店で買うと、大したモンじゃなくてもウマいんスよね、また」
完二「ふう・・・今度はまともなモンにありつけそうだぜ」
凹む三人の女性陣たち・・・
商店街のお祭りに、みんなで行く約束をした。

料理対決でモッキュモッキュ~の巻!!  終了~~

« ペルソナ4生活、ボイド後の料理対決(前編) | トップページ | ペルソナ4生活、文化祭編に突入 »

ペルソナ4生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487595/22687000

この記事へのトラックバック一覧です: ペルソナ4生活、ボイド後の料理対決(後編):

« ペルソナ4生活、ボイド後の料理対決(前編) | トップページ | ペルソナ4生活、文化祭編に突入 »